« Exposition "La main dans le sac"バッグの中の手 | Main | オートクチュールの新しい風 (1) »
パリクリエーターサロン2014秋冬
パリクリエーターサロンが終了しました。
今年になってからのほとんどの展示会と同様、全体的に楽観的な雰囲気で、まあまあという声が多く、新規のクライアントが増えたという話もそこここで聞きました。


Paris sur Mode



Me My Mode


大きな流れとしては、上質な素材の物、手のこんだ作りの物が、少々値段が高くてもオーダーがついていたようです。
1月のWho’s Nextのフレンチカジュアルのリラックスラインとは違って、高級志向で、毛皮がとても多く、ニットもたくさんのバリエーションで目立ちました。
新しいデザインや、付加価値の高い商品に対するバイヤーの態度は好意的で、ファッションの新しい可能性を感じさせました。

 
Zip Zone



 
D&A



WOMAN



昨年のように、服のサロンよりアクセサリーのサロンの方が断然人が多いというような事はなく、かえって服のサロンの方が活気が感じられたのは、新しい傾向です。

ここ数年の新しいデザイナーの台頭や、新しい時代の幕開けを感じさせた1月のオートクチュールショーの業界へのインパクトが、低価格低品質の氾濫によって失われていたファッションの魅力を復活させはじめた事を期待したいと思います。
05/03/2014
 2014/03/05 21:14  この記事のURL  /  コメント(1)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

はじめまして コメントを書かせていただきます、帽子デザイナーの庄司です。
拝見させていただき 現在パリの展示会の様子を知ることができました。
今年の秋 パリで展示会を考えております。
MEMy MODE とZip Zoneとで検討中なのですが、2つの特色の違い(出展ブランドの特徴、バイヤーのし集客、など)ご教授いただけましたらと思います。
宜しくお願いいたします。
Posted by:SHOJI Kimiyo  at 2014年03月26日(水) 06:48


プロフィール
朝比奈理恵子

ARS代表

パリ在住。1985年フランス法人ミリビス設立。フランスと日本のビジネス仲介役として、バイイング、双方のマーケット進出などのアシスタンス、コーディネーションを手掛ける。2013年にミリビスを清算して新会社アルス設立。パリにおける日本企業オペレーションの手助けと同時に日本のファッションビジネスグローバル化推進をめざしている。

1990年設立のミリビスジャパンでは、パリサロン出展コーディネートや、薬事法ライセンスによるフランスからの香水やコスメ関連の輸入も手掛けている。2005年より木馬フランス社長。

最新記事
最新コメント
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

http://apalog.com/asahina/index1_0.rdf
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧
リンク集