アパレルウェブ ホーム

« 2011年01月 | Main | 2011年03月 »
 
大阪・梅田の百貨店乱立で変わる勢力図―スポーツ編― [2011年02月28日(月) ]
大丸はカテゴリーキラーを導入



 今年春、3−4月にかけて大丸梅田店が増床グランドオープンし、5月4日にJR大阪三越伊勢丹が開業する。主力のレディスファッションや雑貨類、デパ地下などは売り場面積・商品量とも大幅に強化される。メンズもそれなりに強化されるが、レディスほどではない。一方、スポーツ関連売り場も商品量ともに増える。ただし、メンズのオフ着という印象は強い。より競技性の強い百貨店スポーツ売り場ではなくなっていく印象を受ける。

 大丸梅田店では3月9日、8階の新規増床部分に「つるやゴルフ」が出店する。つるやゴルフは大阪・本町に本店を構えるメーカーと小売店両方の面を持ったゴルフ関連用品企業だ。「アクセル」などゴルフクラブの自社ブランドを持ち、毎年春に開催される男子プロゴルフの公式トーナメント試合「つるやオープン」もスポンサードしている。ウエアもあるがクラブほどではない。強みは自社店舗を持っていること。自社品のほか、競合他社のクラブ、ボール、シューズ、ウエアまで販売する。また最近は、レディスゴルフウエアを重点的に強化している。本町本店には試打スペースを設け、カスタマイズ販売もする。

Posted at 08:41 | SBM - 『マーケット分析』 | この記事のURL

ウインターマーケットは底を打ったか? [2011年02月28日(月) ]
降雪にも恵まれ、堅調だった今季



 国内ウインター市場は降雪にも恵まれ、比較的堅調な推移でまもなくシーズンを終えようとしている。毎年、積雪状況に大きく左右されるリスクの大きい商売だが、なかでもスキーウエア商戦は好調だったようだ。買い替え需要、流通在庫の健全化など様々な要因はあるだろうが、固定客が文字通り固定化した安定したマーケットになったと見られる。

 国内主力メーカーの1つ、ゴールドウインのウインター商戦(スキーウエア、スノーボードウエア)はほぼ前年並みに落ち着く見通し。欧州市場では売り上げを伸ばした。事業全体では黒字の予定だ。競技系スキーの人気が高まっており、コンペ系が売れたようだ。一方、ボードウエアは前年を割り、やや苦戦している。

 デサントでは10年4−12月までの第3四半期で109%(国内104%、国外114%)。こちらもゴールドウイン同様、コンペ系が貢献した。そのほか、ジュニアモデルに引っ張られる形でレディスを含むファミリーモデルがよく動いたという。この辺りは年明け以降のボリューム層で、降雪状況が後押ししたことは間違いないだろう。

Posted at 08:38 | SBM - 『マーケット分析』 | この記事のURL

ビッグジョン「interstyle(インタースタイル)」に出展 [2011年02月24日(木) ]
“3S”と呼ばれる、サーフ・スケート・スノーなどのボードカルチャーと、ストリートカジュアル・セレクト系のファッションが集まったビジネス展示会「interstyle」が先ごろ、約300社・750ブランドという過去最大の規模で開催された。

昨年から参加しているビッグジョンは、「Dickies」と「K・WAY」を出展。ともに、ファッション性の高さだけでなく、バイカーやスケーターなど、さまざまなカルチャーやライフスタイルとリンクできるブランドとして認知されている。そうしたブランド力をさまざまな形でアプローチしていくことで新たなフィールドも見えてくる。実際に会場内でも、「Dickies」を身に付けたスケータースタイルを何人も見かけた。

同社の販売促進担当の吉伊麻衣子さんは、「ボード系スタイルの雰囲気が強いため、展示会というよりコミュニティの場のように見えますが、地方から来場されている小売業の方も多く、商談のきっかけづくりになっています。とくに、なかなか接点の持てないギア関連の専門店の方々との出会いは刺激になりますし、今後の展開が楽しみです」と話している。

「Dickies」で目を引いたのは、同社の70周年記念でコラボしたイラストレーターの一人が描いた、オールインワンの限定企画。フルレングスとクロップドのパンツにも同じようにイラストが描かれている。また、同社が輸入販売するフランスのアパレルブランド「K・WAY」は、一重のナイロン素材でポケッタブルなタイプや、ユニセックスのリバーシブルタイプなど定番のデザインを提案。レインウェアながらファッション性と機能性の高さを打ち出し、サイクリングショップやアクティブスポーツのショップ、また、ボード系のギア専門店に向けて提案していた。

(有限会社ビジョンクエスト・田中千賀子)
Posted at 08:43 | ファショントレンド情報 | この記事のURL

顧客層の拡大狙う大丸松坂屋百貨店と、 保守ブランドをそろえたJR大阪三越伊勢丹 [2011年02月24日(木) ]
百貨店激戦区となる大阪・梅田地区。大丸梅田店とJR大阪三越伊勢丹の概要がこのほど発表された。来年に阪急梅田店が増床オープンすると阪神も加えての4店舗によるサバイバルレースが始まる。

大丸松坂屋百貨店は、3月16日に増床部分がオープンし、4月19日に全館グランドオープンとなる。売り場面積は現在、約4万平方メートルだが、増床部分の2万4000平方メートルが加わり、合計6万4000平方メートルとなる。また初年度売上高はテナント部分(面積比15%を占める)の不動産賃貸収入を含めて670億円を見込む。テナント部分の売上高を含めると売上高は760億円と見込む。

一方、5月4日に開業するJR大阪三越伊勢丹は、地下2階から地上10階まえの売り場総面積は5万平方メートル。初年度売上高は550億円を、年間客数は3000万人を見込む。

大丸梅田店は、顧客層の拡大を挙げており、従来の百貨店顧客に向けては特選ブランドを拡充するとともに、リーズナブルプライス顧客を獲得するために「ユニクロ」「東急ハンズ」「うふふガールズ」を導入する。

JR大阪三越伊勢丹は隣接直結するファッションビル「LUCUA」との補完を前提にブランドをそろえた印象がある。ヤングが好むセレクトショップやブランドは「LUCUA」に入店しており、JR大阪三越伊勢丹は保守的な従来型百貨店ブランドを集積したといえる。
ジェイアール西日本伊勢丹の松井達政社長は「大丸が増床し、来年阪急も増床オープンする。阪神も根強いファンが多い。梅田は日本一どころか世界一の激戦区。その中で当店は面積が一番小さい。かなりハードな戦いになるだろう」と分析する。

4店舗によるサバイバルレースはどこが生き残るのだろうか?

(ファッションライター:南充浩)
Posted at 08:41 | 業界ニュース | この記事のURL

第45回大阪ミシンショー [2011年02月21日(月) ]
2月18,19日の両日、南港のインテックス大阪で「第45回大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル」が開催された。


島精機製作所は今年1月に発売した積層式自動裁断機「P-CAM1620」(裁断幅1600ミリ、生地厚20ミリ)と、昨年も出品した積層式自動裁断機「P-CAM161」(裁断幅1600ミリ、生地厚33ミリ)のデモンストレーションを行った。

P-CAMシリーズの特徴は分割納入も可能で、限られたスペースでも容易に設置ができることにある。オプションとしてプロジェクターと高性能カメラを搭載し、映し出された原寸パターンを直接生地上で確認しながらパターンの位置確認やキズ・シワによる位置調整が簡単に行える。また、刃幅自動測定機能・マーキングピッチ0ミリによるスリット裁断などの最新機能を搭載している。裁断後にサイズ別・パーツ別の仕分けが簡単にできるように、サイズやパーツ名をペンで描画できる。用途はアパレルのみならず自動車資材、産業資材やインテリア資材にも活用できる。



(ファッションライター 南充浩)
Posted at 15:19 | ファショントレンド情報 | この記事のURL

| 次へ
アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
スポーツビジネスに関わる企業の現状を財務・実務・店頭からリポート
スポーツビジネスに関わる
企業の現状を
財務・実務・店頭からリポート

アパレル製品の縫製
困ったときに読む本
日本語英語併記

繊維製品の生産拠点は、今や東南アジアへと広がり、繊維製品に関する品質上の欠点や不良などの問題は多発している。そうした中、縫製トラブルの改善をテーマにアドバイスされている文献への要望が数多く寄せられ、そこで生産トラブルの多いものをピックアップし、できるだけ現場寄りの内容で改善事例を中心に解説。(日本語英語併記)

A5判  204頁 定価  本体 3,000円+税 送料実費

日中英緬服装技術用語辞典
JAPANESE - CHINESE - ENGLISH - MYANMAR GLOSSARY ON APPAREL TECHNICAL TERMS

本書は、日本ミャンマー縫製業友好協会様からの要請を受け、ご好評の「日中英服装技術用語辞典」のスペシャルバージョンとしてデビュー。 アパレル業界で常用されている専門技術用語を中心に日本語・中国語・英語・ミャンマー語の四カ国語により編集。

A5判  156頁 定価 3,000円(本体)+ 税 送料実費

ジーンズ アンド カジュアル リーダー 2017SS
JEANS & CASUAL READER 2017SS

「ジーンズ カジュアル リーダー」と「ジーンズ アンド カジュアル レポート」を統合し、新しいスキームにてデビュー!! 最新情報を満載したジーンズカジュアル業界唯一の季節誌。手ごろな価格(本体1000円+税)で得られるホットなデータをはじめ、小売・製造など各レベルのトップへのインタビュー、上場系小売大手の売上実態レポート、注目ショップ取材、各メーカーの最新企画紹介など内容充実。

(2017SS企画号)
A4変形判  60頁
定価 本体1000円+税
送料実費

アパレル品質管理ハンドブック
新訂3版 事故事例に学ぶ

ご要望に応え、新訂3版として大幅リニュアルデビューいたしました。本書は、アパレル生産の基本的な知識を品質管理のフィルターを通して解説。生地の性能、生産プロセス、副資材や製品の事故事例、流通・消費段階での事故などを解析。アパレル製品の品質向上、さらには業務習熟への教科書として、アパレルのモノづくりに携わっているプロの方に役立つガイドブック。勿論、中国語での解説も併記。

A5判 400頁(本文388頁) 定価 4,000円(本体)+ 税 送料実費

2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でも
お読みいただけます!

*上のQRコードを読み取って
アクセスしてください。
*こちらから自分の携帯へ
URLを送れます。

http://apalog.com/apparel-mag/index1_0.rdf
リンク集
生地・テキスタイル・副資材販売サイト|テキスタイルネット
アパレル卸販売、仕入|アパレルネット