アパレルウェブ ホーム

« 2010年10月 | Main | 2010年12月 »
 
ビッグジョン、2011年春夏展 メンズはニーハイ丈に期待、レディスは非デニムが好調 [2010年11月27日(土) ]
株式会社ビッグジョンは、このほど2011年春夏シーズンの展示会を開いた。ブランド別に提案内容を紹介したい。



「Big John」ブランドの「M3」シリーズは、ブランド創設当時のスリムフィットをベースに、当時のスラッシャーや革パッチ、ディテールなどを活かしながら今の時代のサイズバランス、素材などを用いて提案。今回はボトム以外にもタイトめなGジャン、シャツも揃う。歴史を踏まえたアーカイブの提案では、70年代のブッシュパンツを9.5オンスのムラ糸デニムやサマーコール天、ケミカルウォッシュなどで表現したニーハイ丈がトレンドアイテムとして期待される。

また、スペシャル商品として「レアジーンズ」を提案。2万9000円と高額ながら前回の「マイスター」(3万8000円)は完売した人気の名品だ。ビッグジョンがブランドを立ち上げた1967年以降、国産デニムが登場し、80年代には扱うショップが増えた。そこで求められたのは均一的なジーンズ。その反動として生まれた、アメリカの力織機で織ったセルビッチジーンズがレアジーンズの始まりになった。ノンウォッシュのジーンズで1万8000円と高額だったため当時は売れ行きも良くなかったが、ビンテージレプリカがいろいろなメーカーでつくられるきっかけになったという。今回のレアジーンズは同社の創業70周年にあたるということで制作された3号目、坂本デニムが江戸時代の藍染の色を使い、ロープ染色で再現した(前回は1996年、坂本デニムのかせ染め=藍がめに糸を浸して絞って乾かす手法)。

「日本古来の鉄さびのような、今までにない色が出来上がりました。そのままはいて寝ても布団に色がつかないとても上質な染めです。もともと藍染め屋だった坂本デニムは日本のジーンズの染めをつくりあげたといえます。今回のレアジーンズの色目は江戸時代のものですが、手法はハイブリッド。その生地を使ってどんなジーンズにするか悩みました。出来上がったのはコーディネートの中に溶け込むような、癖のないジーンズ。ブランド名はあえて出さず、飾りもない、テーラード風のやさしい仕上がりです。巻き縫いミシンも使っていません。ただ、染めは今までにない日本の遺産である天然の藍をロープ染色で再現。ジーンズに対する価値観で見れば、これからのジーンズといえるのではないか、と思っています」(企画部・販売促進課正岡祐介課長)

Posted at 10:34 | 業界ニュース | この記事のURL

ミズノ、ゴルフ事業を再強化 [2010年11月22日(月) ]
ミズノ、ゴルフ事業を再強化 2016年に310億円目指す

ミズノはゴルフ事業を見直す。強みのアイアンクラブを拡販するほか、中国を中心としたアジア市場の開拓に力を入れる。2009年度の売上実績222億円を12年度には266億円に拡大。創業110周年を迎える16年度には310億円と07年度の水準に回復させる計画だ(ウエア、スクール事業を除く)。


ミズノの世界共通モデル「JPX800」アイアン


今年上半期は日本が67億円(対前年比1%増)、欧州が16億円(18%増)、米州が23億円(11%増)、アジア・豪州が8億円(3%増)と、国内外ともに堅調な推移だった。個人に合わせたクラブ設定のできるカスタムフィッティングの普及でアイアンの売り上げが増えたことや、低価格品が好調だったことが主な要因。企画・開発・生産部隊を再編したことによる効率化で、粗利率も改善した。

2011年シーズンからはブランドを再編。アベレージゴルファー向けのクラブは欧州で「MX」として販売していたが、今後は日本で展開している「JPX」に一本化する。上級者向けブランド「MP」は継続展開する。また、アベレージゴルファー向けの世界共通の戦略モデルとして「JPX800」を発売。アイアンに加え、ドライバーとフェアウエーウッド、ユーティリティークラブも開発した。飛距離に焦点を当てた機能性を重視した。

ゴルフ市場は「前年より10%縮小している」(松下真也取締役ゴルフ事業部長)と分析する。同社のゴルフ事業は、1992年度のピーク時には約665億円に達していた。今後はパーソナルユースを意識したカスタムフィッティングを成長エンジンととらえ、顧客の囲い込みに力を入れる。

(フリーライター 樋口尚平)
Posted at 08:09 | 業界ニュース | この記事のURL

【レクトラ】第2回航空宇宙産業技術展2010 (11/25〜27 名古屋)に出展  [2010年11月10日(水) ]
この度、レクトラは、11月25日〜27日ポートメッセなごやで開催される第2回航空宇宙産業技術展2010(小間番号3D-8)に出展し、炭素繊維等複合素材の設計製造のための統合ソリューションを展示します。


最新NC裁断機 VectorTechTex


主な出展製品は、複雑な形状の2次元展開と解析、設計段階での素材消費見積りを可能にするDesignConceptTechTexと、パワフルな自動ネスティング(型入れ)のためのDiaminoTechTex、さらに高性能NC裁断機VectorTechTexです。

さらに11月26日14時15分より、交流センター4F 第6会議室第2室にて「複合材料・産業繊維のための設計製造ソリューション」セミナーを開催し、製品やプロセスについてのより詳しいプレゼンテーションとデモンストレーションを行います。

詳細については、下記リンクをご参照ください。
http://www.lectra.co.jp/download/PressRelease_aitec2010_jp.pdf

この資料に関するお問い合わせ先:
レクトラ・ジャパン株式会社
www.lectra.co.jp / www.lectra.com
マーケティング部
担当:篠永
Posted at 15:32 | 掲示板 | この記事のURL

島精機製作所、ホールガーメントを出展 「宙博(ソラハク)2010」の宇宙船内服 [2010年11月03日(水) ]
「宙(そら)から始まる環境エネルギー革命」をテーマに、先ごろ、「宙博(ソラハク)2010」が開かれた。地球環境や経済、社会が閉塞するなかで、再び宙(そら)に目を向け、新しい科学や技術を通して、次世代への扉を開こうと呼びかけている。いわば、宇宙を探求することで暮らしに役立つ科学技術も育つという考え方だ。会場内は、極小世界から宇宙のナゾの解明まで、6つのテーマから構成されている。そのひとつ、「宇宙を暮らしに役立てる」というテーマの中では、暮らしを便利にしたり、豊かにしたりするための宇宙開発として「近未来宇宙暮らしユニット」が紹介されていた。展示参加企業は、潟Sールドウイン、J-space、鞄精機製作所、東レ鰍フ4社。日本女子大の多屋教授をリーダーとする同ユニットは、1999年に宇宙の生活の調査を開始して以来、宇宙での暮らしを安全で、より快適にするための製品を研究開発、その活動成果を展示した。なかでも目を引いたのが、実際に宇宙飛行士が着用した宇宙船内服だ。2008年3月に土井隆雄宇宙飛行士が着用したポロシャツや、ラグビージャージタイプの長そでシャツ、そして、今年4月、山崎直子宇宙飛行士が着用した青のカーディガンなど、いずれも島精機製作所がホールガーメントで編み上げたもの。脇などに縫い目がないため従来のものより5%ほど軽く、フィットしやすく、動きやすいというホールガーメントの特長がそのまま宇宙船内服にも活かされ、快適な着用感を表現した。来場者は興味深そうにホールガーメントの感触を確かめていた。ちなみに、同ユニット内で培われた宇宙下着技術のスピンオフ下着が先日のチリ鉱山落盤事故の被災地へ支援物資として届けられたのだという(ゴールドウイン)。その下着が現地で高く評価されたことは記憶に新しい。こうした宇宙船内服や宇宙下着の技術は、今後ますます多分野に応用され、商品化されていくだろう。そして、そういった取り組みにスポットを当てることは、次世代のファッション産業を育てることにもなりえるのだ。
(有限会社ビジョンクエスト・田中千賀子)
Posted at 17:21 | 業界ニュース | この記事のURL

アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
スポーツビジネスに関わる企業の現状を財務・実務・店頭からリポート
スポーツビジネスに関わる
企業の現状を
財務・実務・店頭からリポート

アパレル製品の縫製
困ったときに読む本
日本語英語併記

繊維製品の生産拠点は、今や東南アジアへと広がり、繊維製品に関する品質上の欠点や不良などの問題は多発している。そうした中、縫製トラブルの改善をテーマにアドバイスされている文献への要望が数多く寄せられ、そこで生産トラブルの多いものをピックアップし、できるだけ現場寄りの内容で改善事例を中心に解説。(日本語英語併記)

A5判  204頁 定価  本体 3,000円+税 送料実費

日中英緬服装技術用語辞典
JAPANESE - CHINESE - ENGLISH - MYANMAR GLOSSARY ON APPAREL TECHNICAL TERMS

本書は、日本ミャンマー縫製業友好協会様からの要請を受け、ご好評の「日中英服装技術用語辞典」のスペシャルバージョンとしてデビュー。 アパレル業界で常用されている専門技術用語を中心に日本語・中国語・英語・ミャンマー語の四カ国語により編集。

A5判  156頁 定価 3,000円(本体)+ 税 送料実費

ジーンズ アンド カジュアル リーダー 2017SS
JEANS & CASUAL READER 2017SS

「ジーンズ カジュアル リーダー」と「ジーンズ アンド カジュアル レポート」を統合し、新しいスキームにてデビュー!! 最新情報を満載したジーンズカジュアル業界唯一の季節誌。手ごろな価格(本体1000円+税)で得られるホットなデータをはじめ、小売・製造など各レベルのトップへのインタビュー、上場系小売大手の売上実態レポート、注目ショップ取材、各メーカーの最新企画紹介など内容充実。

(2017SS企画号)
A4変形判  60頁
定価 本体1000円+税
送料実費

アパレル品質管理ハンドブック
新訂3版 事故事例に学ぶ

ご要望に応え、新訂3版として大幅リニュアルデビューいたしました。本書は、アパレル生産の基本的な知識を品質管理のフィルターを通して解説。生地の性能、生産プロセス、副資材や製品の事故事例、流通・消費段階での事故などを解析。アパレル製品の品質向上、さらには業務習熟への教科書として、アパレルのモノづくりに携わっているプロの方に役立つガイドブック。勿論、中国語での解説も併記。

A5判 400頁(本文388頁) 定価 4,000円(本体)+ 税 送料実費

2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でも
お読みいただけます!

*上のQRコードを読み取って
アクセスしてください。
*こちらから自分の携帯へ
URLを送れます。

http://apalog.com/apparel-mag/index1_0.rdf
リンク集
生地・テキスタイル・副資材販売サイト|テキスタイルネット
アパレル卸販売、仕入|アパレルネット