アパレルウェブ ホーム

« 2010年02月 | Main | 2010年04月 »
 
新規出展増え、さらに連携と発信を強める 「ジャパン・ベストニット・セレクション(JBKS)2010」開催 協賛の島精機製作所も新製品をアピール [2010年03月25日(木) ]


 日本のニット産業がものづくりをアピールし、商工一体となって取り組んでいる総合展示会「ジャパン・ベストニット・セレクション2010」が3月17・18日、東京・国際フォーラムで開催された。参加企業は、ニット32社、カットソー13社、靴下メーカー11社の計56社で、新規出展が全体の3分の1を占めた。前回同様、企画提案力を備えた意欲的な企業が集まった会場内は終日賑わいを見せ、商談も活発に行われていた。
 今なお、ニットは輸入品が圧倒的なシェアを占めているが、付加価値を生み出す高度な技術力や開発力を備えた日本のものづくりが昨今、国内外で再び、注目されつつあるのも事実。ニット産業は分業が多い分野だけに、業界内の連携や発信をいかに強め、多角的に提案していくのか。その意味でも、国内にとどまらず、世界への発信も視野に入れた、実質的なビジネスにつながる場として同展への注目は高まっている。

 同展に協賛している島精機製作所のブースでは今年1月5日に発売を開始した、ファインゲージ対応のホールガーメント横編機「MACH2X153 18L」を展示。世界で同社のみが開発・製造・販売している4枚のニードルベッドを搭載した60インチ幅のホールガーメント横編機で、「18L」は特別なスライドニードルを搭載し、18ゲージのニードルピッチで15ゲージ風合いを編成できるというもの。これまでのホールガーメント横編機の中でも、もっともファインゲージ化された製品の編み立てが可能で、より高い生産性を実現。さらに、従来の15ゲージ風合いよりも繊細なリブを編成できる。また、編成時間が1着で約31分と大幅に短縮されたのも大きな特長だ。
 「SDS-ONE APEX」では、現物の糸入力によるリアルなテキスタイル柄やニットサンプルのバーチャルシミュレーションを実現し、テキスタイル柄もカレイドチェックといった柄作成機能を搭載。「”All in One”のコンセプトのもと、3Dシミュレーションによる新たな提案スタイルを可能にしています。そのひとつが、生地テンションの表示やボディへの着圧表示です。ボディのどの部分にどの程度の着圧がかかっているかなどが一目でわかりますからインナー企画などに適していますし、実際、手応えもありました。また、女性用インナーのレース地のカラーシミュレーションといったディテールの製品イメージなども、より現物に近い形で比較検討やプレゼンテーションが行えます。操作ナビゲーション機能もありますから初心者の方でもすぐに活用できるようになっています」(同社・企画部 企画グループ・松田伸浩係長)
 また、「SIG」シリーズの新インターシャキャリアは、一定の編幅でより多くのキャリアを装着できるようになり、編成可能な色数が40色(最大54色)に拡大。これまでの柄編成に比べより小さな柄や複雑な編成にも対応できるようになった。さらに、改良されたインターシャ装置では運転音量が従来の3分の1程度になるなど新機能も加わった。
次回の開催は、12月7・8日。商談重視の姿勢を貫く同展のさらなる充実に向けた取り組みが楽しみだ。http://www.jbks.jp/

(有限会社ビジョンクエスト・田中千賀子)
Posted at 08:24 | 業界ニュース | この記事のURL

ポイント 雑誌「nicola」、人気タレント「川口春奈」さんとの “repipi armario“コラボアイテム発売・記念イベント開催!! [2010年03月18日(木) ]
株式会社ポイント(本部:東京都中央区八重洲2-7-2、代表取締役専務執行役員:遠藤洋一氏)は、3月20日(土)より雑誌、「nicola(ニコラ)」、人気タレント「川口春奈」さんとの“repipi armario“コラボアイテムを発売する。
また同日3月20日(土)、「コレクトポイント心斎橋店」にてコラボアイテムの発売を記念し、川口春奈さんを招いてトークイベントを開催する。

「repipi armario」は、今春デビューしたティーン市場向け新ブランド。2010 年2月27日(土)にオープンした「コレクトポイント心斎橋店」を皮切りに、展開を拡げていく予定。

【イベント内容】
3月20日(土)、コレクトポイント心斎橋店にて川口春奈さんのトークショーを中心に、握手会やプレゼント大会などを予定。
11 時の開店時よりコラボアイテムの販売を開始。
コラボアイテムお買い上げの方は、
113:00〜 A15:30〜の販売イベントに参加ができます(女子限定)。
各回先着100 名(計200 名)

■Collect Point 心斎橋
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-5-22芝翫香ビル
TEL:06-4963-5275

<本件に関するお問い合わせ先>
ポイントプレスルーム
TEL:03‐3243‐6066 FAX:03‐3243‐6067
<本件に関する一般のお問い合わせ先>
ポイントカスタマーサービス:0120‐601-162
Posted at 21:25 | 掲示板 | この記事のURL

どう考える「顧客満足度(CS)」の業界間比較アンケート  [2010年03月18日(木) ]
伊勢丹とユニクロをどのように比較しろというのか?



経済産業省の委託事業で、日本サービス産業生産性協議会(代表幹事 牛尾治朗氏)が今回はじめて実施したサービス産業(29業界)のアンケート結果が話題になっている。
調査は約10万人の消費者を対象に、あらかじめ選定した大手のサービス企業(291社)について、
1)事前の期待イメージ度、2)品質の評価、3)価格の評価、4)総合的な満足度、5)他の友人などへ
口コミで良いと伝えるか、6)今後も使うか の6項目について10点満点のスコアを集計したもの。
調査事業の狙いは満足度を構成する要素を明確にして他の「業界」との比較をもとに改善策を考えて、サービス産業の活性を図るというものだ。
全業種にまたがる総合1位は東京ディズニーリゾート、2位は通販(パソコンなど家電)のECカレント、3位は外食のすしろーといった具合だ。上位に到達するには上記6項目についてほぼまんべんなく得点を稼がなければならない。もっとも、主にどの分野で点数を稼いだかは企業によって異なる。東京ディズニーリゾートは1)の事前イメージや2)の「行ってよかった」という品質での高得点が要因。外食の「すしろー」は3)の低価格への満足度といった具合だ。
さて気になる各産業業態内での個別のランキングは公表されていない。ただし各々のトップ企業の名前は公表されている。例えば百貨店では伊勢丹、衣料専門店ではユニクロ、量販GMS部門ではイオン、コンビニではセブンイレブンが顧客満足トップといった具合だ。立地や客層などおよそ産業のスキーム(構造)の異なる業種との比較はまどろっこしい。同じ業態内で、例えばユニクロとライトオンとの上記6項目についてのアンケート比較などを知りたいもどかしさもあるのだが。

続きを読む…
Posted at 16:06 | 情報アラカルト | この記事のURL

ビッグジョンがセレクトショップ向けに“本物”を提案する、 フランスの人気アウターブランド「K・WAY」 [2010年03月16日(火) ]
ビッグジョンは、2010年秋冬シーズンからフランスのアパレルブランド「K・WAY(カゥ・ウェイ)」を輸入販売する。運営企業である、イタリアのベーシックネット社と同ブランドにおける日本での独占輸入販売契約およびライセンス契約を締結。当初はメンズ、レディスを扱うが、基本的にはユニセックス。販路はセレクトショップを中心にファッションアイテムとして提案していく。
同ブランドは、軽量で完全防水、かつ機能的でコンパクトなナイロンのレインウェアを中心にフランスで1965年に誕生した。初年度には25万枚以上を売り上げるなど、ヨーロッパで長く愛用されているレインウェアの代表的なブランドだ。そして、2004年にサッカーで知られるスポーツブランド「カッパ」やスニーカーブランドの「スペルガ」などを有するイタリアのベーシックネット社が買収。それを機に、ブランドマネージャー兼チーフデザイナーをつとめるフランチェスコ・ブルーノ氏によって同ブランドはファッション性を強化。完全防水や防寒ための機能性や実用性をさらに追求し、ブランドとしてのこだわりをオリジナル素材の開発やデザイン、ディテールなどで表現、カラフルでバリエーション豊富なブランドとしてここ数年、売上を伸ばしている。ちなみに2010年における売上高は、全世界(ヨーロッパ、アメリカ、カナダなど)で1800万ユーロを見込み、今後は日本を含むアジアでの販売戦略にも乗り出す考えだ。 日本での展開は、「まず、ブランドの認知度を上げること。カゥ・ウェイは、レインウェアブランドとしての機能をコアにファッションアウターとして十分魅力的で、年間を通して提案できるタウンユースな商材としての強みもあります。つまり、セレクトショップなどで求められる本物志向にマッチするブランドといえ、時代性やこだわりを表現できます。そうした価値観を共有できる世代として、中心ターゲットも20代〜30代に設定しています」(ビッグジョン・海外事業部の中村暢孝次長)
2010年秋冬のスタートシーズンは、ナイロン素材のクラシックタイプのアウター(一重ものはすべてリバーシブル、7900円〜)、シェイプデザインのアウター(8900円〜)、裏地がフリースタイプ(15800円〜)、ダウンジャケット(21800円〜)など、買いやすい価格をラインナップ。また、ナイロン素材のバッグも軽くておしゃれなデザインが揃う。



ブランドマネージャー兼チーフデザイナー
フランチェスコ・ブルーノ氏


「素材はすべてオリジナルで、デザインにもディテールにもすべてにこだわっています。たとえば、胸元に入れたブランドロゴは刺しゅうではなく、プリントです。刺しゅうは穴が開きますから完全防水を損なう可能性があるためです。加えて、ジッパーも素材やデザイン、色柄のすべてにこだわったブランドアイコンとなっています。ブランドの魅力はたくさんありますが、一言でいえば、“いざというとき(困ったとき)のK・WAY”と言ってもらえること。これは、ブランドが誕生したときの意味でもあるのです」とフランチェスコ・ブルーノブランドマネージャー兼チーフデザイナーは笑顔で語ってくれた。
続けて、ビッグジョンと組んだ背景について、「2年弱ほどパートナーを探しました。当社はもともと製造業だったという背景と、ブランドという子供をもつ企業として同じ目線でより良く育てることができるとの読みからですが、基本的にはトップ同士が意気投合してパートナーシップが決まりました。アジアへの本格的な進出の一歩となる日本での販売はとても重要です」
国内のライセンス契約も視野に入れ、海外事業部としても好調な「ディッキーズ」が今回の展開に好影響を与えると自信をのぞかせている。

(有限会社ビジョンクエスト・田中千賀子)
Posted at 06:50 | ファショントレンド情報 | この記事のURL

ヘインズブランズ ジャパンとゴールドウインが連携し、 今春、「Champion(チャンピオン)」の直営店並びにコーナー展開をさらに強化 [2010年03月08日(月) ]


アメリカンスポーツカジュアルブランド「Champion(チャンピオン)」の製造発売元 ヘインズブランズ ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大木 雅文)は、同ブランドのライセンシーである株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:西田 明男)と連携して、2010 年3月〜4月、大都市圏の商業施設やジーンズカジュアル専門店、スポーツ専門店などで、共通した「チャンピオン」ブランド独自の世界観をコンセプトとする直営店(「チャンピオンショップ」)、コーナー(「チャンピオンコーナー」)など、合わせて23の売場を新たにオープン。両社が近年進めてきた、小売における「チャンピオン」ブランドの情報発信拠点づくりを今春より一気に加速し、店頭での消費者に対するブランド訴求をより一層強化。
直営店の「チャンピオンショップ」は、3月6日にオープンした大阪(南堀江)、3月20日にオープンする福岡(キャナルシティ)が加わり、これまでの宇都宮、札幌の店舗を含めて、4店舗となる。いずれの店舗も、’60〜’70年代アメリカンカレッジにおけるスポーツチームのロッカールームを彷彿させるイメージで、スウェットアイテムやレタリングカットソーのルーツである「チャンピオン」ブランドを演出。直営店の他、ジーンズカジュアル専門店においてはヘインズブランズ ジャパンが、スポーツ専門店においてはゴールドウインが、いずれも「チャンピオンショップ」同様、“アメリカのスポーツチームのロッカールーム”という共通コンセプトに基づき、「チャンピオンコーナー」を積極的に展開していく。
ジーンズカジュアル専門店では、3月5日にオープンしたビッグアメリカン福山新涯店/福山蔵王店(広島)を皮切りに、各地域において“「チャンピオン」ブランドに共感し、かつ「地域一番店」とされる有力店”6店舗で、コーナーを新設。一方スポーツ専門店では、3月中に大手小売店主要各店舗を中心に、合計15店舗でコーナー展開を図る。今春以降も積極的なコーナー展開を強化し、2010 年末までに合計で100コーナーまで拡大していく予定。
Posted at 07:51 | 業界ニュース | この記事のURL

| 次へ
アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
スポーツビジネスに関わる企業の現状を財務・実務・店頭からリポート
スポーツビジネスに関わる
企業の現状を
財務・実務・店頭からリポート

アパレル製品の縫製
困ったときに読む本
日本語英語併記

繊維製品の生産拠点は、今や東南アジアへと広がり、繊維製品に関する品質上の欠点や不良などの問題は多発している。そうした中、縫製トラブルの改善をテーマにアドバイスされている文献への要望が数多く寄せられ、そこで生産トラブルの多いものをピックアップし、できるだけ現場寄りの内容で改善事例を中心に解説。(日本語英語併記)

A5判  204頁 定価  本体 3,000円+税 送料実費

日中英緬服装技術用語辞典
JAPANESE - CHINESE - ENGLISH - MYANMAR GLOSSARY ON APPAREL TECHNICAL TERMS

本書は、日本ミャンマー縫製業友好協会様からの要請を受け、ご好評の「日中英服装技術用語辞典」のスペシャルバージョンとしてデビュー。 アパレル業界で常用されている専門技術用語を中心に日本語・中国語・英語・ミャンマー語の四カ国語により編集。

A5判  156頁 定価 3,000円(本体)+ 税 送料実費

ジーンズ アンド カジュアル リーダー 2017SS
JEANS & CASUAL READER 2017SS

「ジーンズ カジュアル リーダー」と「ジーンズ アンド カジュアル レポート」を統合し、新しいスキームにてデビュー!! 最新情報を満載したジーンズカジュアル業界唯一の季節誌。手ごろな価格(本体1000円+税)で得られるホットなデータをはじめ、小売・製造など各レベルのトップへのインタビュー、上場系小売大手の売上実態レポート、注目ショップ取材、各メーカーの最新企画紹介など内容充実。

(2017SS企画号)
A4変形判  60頁
定価 本体1000円+税
送料実費

アパレル品質管理ハンドブック
新訂3版 事故事例に学ぶ

ご要望に応え、新訂3版として大幅リニュアルデビューいたしました。本書は、アパレル生産の基本的な知識を品質管理のフィルターを通して解説。生地の性能、生産プロセス、副資材や製品の事故事例、流通・消費段階での事故などを解析。アパレル製品の品質向上、さらには業務習熟への教科書として、アパレルのモノづくりに携わっているプロの方に役立つガイドブック。勿論、中国語での解説も併記。

A5判 400頁(本文388頁) 定価 4,000円(本体)+ 税 送料実費

2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でも
お読みいただけます!

*上のQRコードを読み取って
アクセスしてください。
*こちらから自分の携帯へ
URLを送れます。

http://apalog.com/apparel-mag/index1_0.rdf
リンク集
生地・テキスタイル・副資材販売サイト|テキスタイルネット
アパレル卸販売、仕入|アパレルネット