アパレルウェブ ホーム

« 2009年07月 | Main | 2009年09月 »
 
ロープライス戦略を仕掛けるジーンズメイトが出店を加速、原宿に24時間営業店「JEANS MATE 24」をオープン [2009年08月26日(水) ]
ジーンズメイトは今年7月9日、東京・原宿の明治通り沿いに24時間営業店舗「ジーンズメイト 24」をオープンさせた。1階と地下1階の2フロア構成で売場面積は約80坪。1階はメンズのトップスや雑貨、地下にはレディスとボトムを揃える。24時間営業の特徴は、日中と夜間で売上比率が変わることだ。夜間はアンダーウェアなどのデイリー商品がよく売れる。そして興味深いのは、パンツなどの高額品を購入する男性客が少なくない点だ。

「インターネット中心の生活スタイルではネット通販などが当たり前。そんなとき、仕事が遅くなっても帰りに寄って、じっくり選んで試着、パンツは裾上げもその場でできる24時間営業の利便性はファッションを買いに行く要素になる。だから、24時間営業は売りになると確信しています」
こう話すのは、同社の西脇昌司取締役副社長。今年5月14日付けで同職に就任し、組織改編に着手する一方、昨今のロープライス戦略では国内メーカーのブランドジーンズを一律1990円で販売したり、リーバイスのジーンズを半額で打ち出したりと積極的な店頭活性策で新規客を開拓している。
既存店舗101店(09年7月20日現在)の内、「ジーンズメイト」は61店舗、「ジーンズメイト24」(24時間営業店舗)は40店舗。関東圏以外では名古屋と関西に出店しているが、今後は6大都市に出店を広げ、広域型の郊外SCや都市近郊型の駅ビルやファッションビルなども視野に入れ、通期で20出店を計画している。また、大型店舗を想定した業態開発も進めている。既存業態に新たなカテゴリーを加え、ショッピングの楽しさを多彩に提案していく複合的な専門店開発だ。すでに、ファンシーグッズを加えた複合的な店舗を展開しており、新たなカテゴリーとして古着などを検討中という。

ジーンズメイト 24 西脇副社長
今後もロープライス戦略を継続させる、という西脇副社長は、「得意のメンズから攻める」と自信たっぷり。安いだけではもはや売れない時代だけに、今後の仕掛けが注目される。

(有限会社ビジョンクエスト・田中千賀子)
Posted at 19:18 | ファショントレンド情報 | この記事のURL

ボブソンがブランド譲渡へ [2009年08月11日(火) ]
老舗ジーンズメーカー、ボブソン(本社・岡山市)が7月24日開催の取締役会で、マイルストーンターンアラウンドマネジメント(東京、早瀬恵三社長、以下「MTM」)が出資する新会社に対し、ボブソンブランドのメンズ、レディースの衣料製品の企画製造販売事業を譲渡することを決定した。8月21日に事業譲渡契約を結び、9月15日に事業譲渡を予定する。
譲渡するブランドは自社のボブソン事業である「ボブソン」「キャトルホーン」「ジェノイーズ」「クイーンズロウ」「S・Q・J」「ルーラル コンフォート」。新会社名は「株式会社ボブソン」で所在地は東京都港区。現在のボブソンは子供服ブランド「オシュコシュビゴッシュ」の企画製造販売に注力する考えだ。
ボブソンの前身は学生服メーカー、山尾被服工業で、1970年からジーンズ生産に乗り出した。71年に「ボブソン」ブランドを展開、90年代前半にはレーヨン混やポリノジック混のソフトジーンズを「04(ゼロヨン)ジーンズ」と名付け大ヒットした。
新聞各紙は「近年は低価格ジーンズにシェアを奪われた」と報道しているが、さらには主力商品であった7900円以上の高価格帯でも新興ブランドやインポートブランドとの競合が激化する中、市場で存在感を発揮できず、また主力販路の1つであったジーンズ専門店の凋落も大きく影響を与えた。近年は生産数量も減少しており、昨年末には愛媛県の吉田工場も閉鎖。山口工場と上海工場の2工場体制になっていた。
岡山・福山地区のジーンズ関連企業各社はここ数年苦戦が続いており、残念ながらついにその一角が崩れたといえる。従って、これまでの大量生産販売の体制を見直し、希少価値商品開発による戦略転換が急務だ。
「ボブソン」頑張れ!! ジーンズ業界頑張れ!!

(ファッションライター 南充浩)
Posted at 14:30 | 業界ニュース | この記事のURL

アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
スポーツビジネスに関わる企業の現状を財務・実務・店頭からリポート
スポーツビジネスに関わる
企業の現状を
財務・実務・店頭からリポート

アパレル製品の縫製
困ったときに読む本
日本語英語併記

繊維製品の生産拠点は、今や東南アジアへと広がり、繊維製品に関する品質上の欠点や不良などの問題は多発している。そうした中、縫製トラブルの改善をテーマにアドバイスされている文献への要望が数多く寄せられ、そこで生産トラブルの多いものをピックアップし、できるだけ現場寄りの内容で改善事例を中心に解説。(日本語英語併記)

A5判  204頁 定価  本体 3,000円+税 送料実費

日中英緬服装技術用語辞典
JAPANESE - CHINESE - ENGLISH - MYANMAR GLOSSARY ON APPAREL TECHNICAL TERMS

本書は、日本ミャンマー縫製業友好協会様からの要請を受け、ご好評の「日中英服装技術用語辞典」のスペシャルバージョンとしてデビュー。 アパレル業界で常用されている専門技術用語を中心に日本語・中国語・英語・ミャンマー語の四カ国語により編集。

A5判  156頁 定価 3,000円(本体)+ 税 送料実費

ジーンズ アンド カジュアル リーダー 2017SS
JEANS & CASUAL READER 2017SS

「ジーンズ カジュアル リーダー」と「ジーンズ アンド カジュアル レポート」を統合し、新しいスキームにてデビュー!! 最新情報を満載したジーンズカジュアル業界唯一の季節誌。手ごろな価格(本体1000円+税)で得られるホットなデータをはじめ、小売・製造など各レベルのトップへのインタビュー、上場系小売大手の売上実態レポート、注目ショップ取材、各メーカーの最新企画紹介など内容充実。

(2017SS企画号)
A4変形判  60頁
定価 本体1000円+税
送料実費

アパレル品質管理ハンドブック
新訂3版 事故事例に学ぶ

ご要望に応え、新訂3版として大幅リニュアルデビューいたしました。本書は、アパレル生産の基本的な知識を品質管理のフィルターを通して解説。生地の性能、生産プロセス、副資材や製品の事故事例、流通・消費段階での事故などを解析。アパレル製品の品質向上、さらには業務習熟への教科書として、アパレルのモノづくりに携わっているプロの方に役立つガイドブック。勿論、中国語での解説も併記。

A5判 400頁(本文388頁) 定価 4,000円(本体)+ 税 送料実費

2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でも
お読みいただけます!

*上のQRコードを読み取って
アクセスしてください。
*こちらから自分の携帯へ
URLを送れます。

http://apalog.com/apparel-mag/index1_0.rdf
リンク集
生地・テキスタイル・副資材販売サイト|テキスタイルネット
アパレル卸販売、仕入|アパレルネット