アパレルウェブ ホーム

« 2009年06月 | Main | 2009年08月 »
 
大阪の玄関・梅田が変わる!! 阪急うめだ本店T期棟オープン 阪神梅田本店全館改装 [2009年07月21日(火) ]
7月16日、エイチ・ツー・オーリテイリングは阪急梅田本店T期棟オープンと阪神梅田本店全面改装を発表した。まず9月3日にオープンする阪急梅田本店T期棟は「流行と洗練された暮らしを楽しむ」女性層をメインターゲットに設定し、高感度なハイファッションを強化する。

T期棟は、地下2層〜地上12階となり、売り場面積は2万7千平方メートル。現行売り場の4万3千平方メートルよりは縮小するものの、阪神梅田本店とイングス館の改装により補完関係を持たせる。

また8月26日改装オープンの阪神百貨店梅田本店は、地下の食品売り場で洋菓子売り場を拡大する。また西日本随一のレディースジーンズ売り場である「ジーンズハウス」をこれまでの2階から3階へ移転。この売り場では圧倒的な品揃えを誇るナショナルブランドを中心に、独自の加工や色合いが人気の国産ブランド「レッドカード」「マニュアルレイバー」を導入・強化。また、インポートブランドでは「セブン」「AG」などに加え「リプレイ」を新たに導入する。

09年度通期の売り上げ目標は、阪急梅田本店(T期棟、メンズ館、イングス館含む)が1,330億円、阪神梅田本店が860億円を見込む。

(ファッションライター 南充浩)
Posted at 17:14 | 業界ニュース | この記事のURL

び活発化する繊維、アパレル業界のリサイクル行政 [2009年07月07日(火) ]
技術進化を背景に経産省の指導力が問われる

約4年以上も「冬眠」状態だった我国の繊維リサイクル行政が再び活発化しそうだ。行政の諮問機関として存在していた「繊維製品3R推進会議」(座長・永田勝也早稲田大学教授)が再開された。では一体どうなっていたのか?年間230万トンともいわれる着古した衣料品は無駄に廃棄され、燃やされたり、埋立地に埋没したりしているものも多いという。しかし残念ながらアパレル製品の多様性、流通の複雑さ、中小企業のマインドの低さなどが障害となって、リサイクルの枠組み作りが大幅に遅れていたのだ。家電や容器プラなどに比べてもお粗末な限りだ。
だが近年「バイオエタノール」を作る技術は急速に発展した。実は良く耳にする食品や、木材の廃材、野菜などのバイオ化に比べて、セルロース分の多い綿製品などは効率良くバイオ燃料になる。それを例えば3〜5%程度ガソリンに混ぜて自動車を走らせることはすぐにでも可能だ。このような技術進化を受けて、例えば日本環境設計という企業は、東レ、帝人、ワールド、無印良品などと組んで愛媛県でエタノール再生プラントを操業させている。
一方周知のようにポリエステル繊維は化学品の特長として、高熱で溶融させ再び純度の高い合成繊維へと 再生できる。帝人などの「ケミカルリサイクル」も徐々に本格化しているという。
愛媛県のプラントの例では、綿の部分とポリエステルの部分を分離し、各々バイオ燃料化とケミカル再生糸の2通りの方法でリサイクルが出来るという。今後このような方式がうまく稼動したら、現在推定14%程度といわれる繊維品の再利用率が大幅に向上して、廃棄物が劇的に減少することも期待される。
そこで注目されるのが経済産業省の指導力だ。効率の良いセルロース部分を含んだコットンの川上供給者で ある綿紡績企業との連携や、場合によってはファッション小売などとの大掛かりな「仕掛け」が必要かも知れない。
JFWなど、「日本のファッションを世界に」といった国際化行政に加えて、さらに新たな課題をこなす経済産業省繊維課への期待は大きい。
Posted at 00:33 | 情報アラカルト | この記事のURL

アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
アパレルビジネス・生産技術の情報サイト
スポーツビジネスに関わる企業の現状を財務・実務・店頭からリポート
スポーツビジネスに関わる
企業の現状を
財務・実務・店頭からリポート

アパレル製品の縫製
困ったときに読む本
日本語英語併記

繊維製品の生産拠点は、今や東南アジアへと広がり、繊維製品に関する品質上の欠点や不良などの問題は多発している。そうした中、縫製トラブルの改善をテーマにアドバイスされている文献への要望が数多く寄せられ、そこで生産トラブルの多いものをピックアップし、できるだけ現場寄りの内容で改善事例を中心に解説。(日本語英語併記)

A5判  204頁 定価  本体 3,000円+税 送料実費

日中英緬服装技術用語辞典
JAPANESE - CHINESE - ENGLISH - MYANMAR GLOSSARY ON APPAREL TECHNICAL TERMS

本書は、日本ミャンマー縫製業友好協会様からの要請を受け、ご好評の「日中英服装技術用語辞典」のスペシャルバージョンとしてデビュー。 アパレル業界で常用されている専門技術用語を中心に日本語・中国語・英語・ミャンマー語の四カ国語により編集。

A5判  156頁 定価 3,000円(本体)+ 税 送料実費

ジーンズ アンド カジュアル リーダー 2017SS
JEANS & CASUAL READER 2017SS

「ジーンズ カジュアル リーダー」と「ジーンズ アンド カジュアル レポート」を統合し、新しいスキームにてデビュー!! 最新情報を満載したジーンズカジュアル業界唯一の季節誌。手ごろな価格(本体1000円+税)で得られるホットなデータをはじめ、小売・製造など各レベルのトップへのインタビュー、上場系小売大手の売上実態レポート、注目ショップ取材、各メーカーの最新企画紹介など内容充実。

(2017SS企画号)
A4変形判  60頁
定価 本体1000円+税
送料実費

アパレル品質管理ハンドブック
新訂3版 事故事例に学ぶ

ご要望に応え、新訂3版として大幅リニュアルデビューいたしました。本書は、アパレル生産の基本的な知識を品質管理のフィルターを通して解説。生地の性能、生産プロセス、副資材や製品の事故事例、流通・消費段階での事故などを解析。アパレル製品の品質向上、さらには業務習熟への教科書として、アパレルのモノづくりに携わっているプロの方に役立つガイドブック。勿論、中国語での解説も併記。

A5判 400頁(本文388頁) 定価 4,000円(本体)+ 税 送料実費

2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリアーカイブ
QRコード
*このブログを携帯電話でも
お読みいただけます!

*上のQRコードを読み取って
アクセスしてください。
*こちらから自分の携帯へ
URLを送れます。

http://apalog.com/apparel-mag/index1_0.rdf
リンク集
生地・テキスタイル・副資材販売サイト|テキスタイルネット
アパレル卸販売、仕入|アパレルネット